黒き翼を持つ者は不幻の夜の闇に踊る~ゴルイニチ13 ~ 第1話【寒い町での出来事】

作品紹介ゴルイニチ13,黒き翼を持つ者は不幻の夜の闇に踊る

198☓年
ソビエト連邦・スヴェルドロフスク州
ウラル山脈北部の実験都市“ゴルイニチ13”

画一的で殺風景な建物を通り抜けると目的の場所があった。
大破したモスグリーンのヴォルガが燃えている。
道路に散らばる薬莢で何か良からぬことがあったのか想像できた。
周囲を警戒しながらゆっくりと車を走らせる。そしてある建物の前で停めた。建物は、ありきたりの集合住宅だった。部屋に閉じこもっているのか、逃げ出したのか人の姿は見えない。

「少し遅れたね」
ミッシェルが、見上げると窓から十代半ばほどの少女が顔を出していた。
渡されている写真と同じ顔だ。特徴的な瞳と髪の色。依頼主に間違いない。
「おいでよ。外は寒いだろ?」
少女はそう言うとミッシェルを手招きした。
ミッシェルは言われるがままに建物の中に入ると少女のいる階に向かった。
エレベーターは停まっていたので、階段を使う。途中の踊り場の壁には何発もの銃痕があった。
階段を登っていく間、誰ともすれ違わなかった。目的の階まで来ると部屋を目指したが、何の声もしてこない。廊下にはゴミらしきものが散らかり、ドアが開けっ放しの部屋もある。
そのうちのひとつを用心深く覗き込むと誰もいない。部屋の様子は住人が慌てて逃げ出したようにも見える。
ミッシェルは静かにドアを閉めると部屋を目指した。

少女のいる部屋まで来ると待ち構えていたのかドアが先に開いた。
中を見ると奥に古い木製の椅子に誰かが座っていた。
窓からミッシェルを呼び込んだ少女だった。
「ようこそ、同士」
そう言って少女はミッシェルに笑いかけた。雪のように白い肌、肩まで伸びた髪は脱色しているのか白かった。そしてその目はミッシェルと同じように赤い。
「ヴィスナ・キンスキーか?」
ミッシェルの言葉に少女はうなずいた。
「その目は……」
「ああ、これ? あなたと同じだね。でも吸血鬼ってわけじゃないから」
その言葉にミッシェルの表情が険しくなる。
相手は自分の情報を少なからず持っているが、こちらは相手の情報をほとんど持っていない。仲介者からも顔写真と名前、彼女が重要人物である事。それと彼女を町から連れ出すという事しか言われてない。ミッシェルには、それが気に入らなかった。
「私が何者か知ってるわけね? ヴィスナ・キンスキー」
「うん、だからあなたを指名した。それだけ特別な事だからね」
そう言ってヴィスナは、椅子から立ち上がった。思ったより背は高い。
「下に車を用意してある。行こ……」
「待って」
「ここが名残惜しくなった?」
「もうひとり連れて行って欲しい」
「それは契約と違う」
「新たな依頼なの。いいでしょ?」
計画にないことは極力、しない方がいい。今までの経験からすると大体、アクシデントの原因になる。
「駄目だ」
「だから新たに依頼するって言ってるの」
ヴィスナの口調が強くなる。
「もちろん、報酬ももうひとり分出すわ」
「くどいな。約束にない事はなしだよ」
「なら、私は行かない」
「はあ?」
自分を町から連れ出せと依頼してきたクライアントが町に残ると言い出している。
「なら好きにすればいい。依頼がキャンセル扱いになるだけのことだから」
ミッシェルはヴィスナに背を向けると部屋から出ようとした。
「待って!」
ドアがひとりでに閉じられた。
ミッシェルはヴィスナの方を見た。おそらく、この娘は何かの能力を持っているに違いない。
「あんたがやったの?」
「行かせないわ」
ヴィスナがミッシェルを睨みつけと部屋の中の置物が宙に浮き出した。
ちょっとした超常現象だが、ミッシェルは動じない。何しろ吸血鬼である彼女自身が超常現象なのだ。
「面白い力ね。でも、だからどうだっていうの?」
ミッシェルはうんざりした様子でヴィスナに言う。
「強気な吸血鬼ね。私は、あなたの頭を握りつぶす事もできる」
ヴィスナが右手をかざした。
だがミッシェルはニヤリと笑うと一瞬でヴィスナの目の前に移動した。目に追えない速さにヴィスナは戸惑う。そのヴィスナの首をミッシェルの右手ががっしりと掴んだ。爪が首筋に食い込み赤い血が滲み出る。
「頭を握りつぶすって言ったっけ? いいわ、やってみるといい。潰されても私の頭はすぐ再生するし、その前に私があんたの首をへし折るから」
「わ、わかった……」
ヴィスナは悔しそうな顔で返事をした。
「いい子ね」
ミッシェルはヴィスナを乱暴に椅子に座らせた。その拍子に服から一枚の写真が床に落ちた。ミッシェルは写真を拾い上げて見るとそこには少し幼いヴィスナと、もうひとり隣に誰かが写っていた。
歳はヴィスナと同じくらいで黒髪の美しい容姿だった。
「返せ!」
ヴィスナはミッシェルの手から写真を奪い取ると大事そうに写真を手で包み込んだ。
「……もしかして、連れて行って欲しいってこの子?」
ヴィスナは黙ってうなずいた。
様子からすると、どうやら相手は彼女にとって特別な存在らしい。
「しかたがない。本来、追加の依頼なんて受けないんだけど……」
ミッシェルのその言葉にヴィスナの表情が変わる。
「じゃあ……」
「ふたりとも連れ出してあげる。今回は特別」
その言葉に、ヴィスナはようやく子供らしい笑顔を浮かべた。

198X年冷戦下
レーガン大統領政権下のアメリカは戦略防衛構想、通称スターウォーズ計画を押し進めていた。
全ては対ソビエト連邦の核ミサイルの先制攻撃に対抗する為である。
だがしかし、ソビエト連邦ではスターウォーズ計画に対応するためにいくつかの極秘の作戦が進められいた。
そのひとつが超能力を利用した軍事作戦があった。
その作戦名は“ゴルイニチ13”。
ソビエト連邦国家情報局KGBの秘密作戦である。

……to be continued

黒き翼を持つ者は不幻の夜の闇に踊る~ゴルイニチ13 ~はノベルアップ+で公開中!

※一部、投稿してある各小説投稿サイトへ飛びます

敵対者とは?

ウェキペディアによると【敵】の定義は、 自分に危害を加えようとしている相手、自分の利益の達成を阻害している相手、戦場における交戦相手、ゲームや競技における競争相手ライバルを指す。い…